アンサンブル金沢マンドリーノは会員の総意に基づき、本会の永続的な発展と民主的な運営を資するために
この規約を規定する。~
この規約は、不断の努力により遵守されなければならない。


***第1章 総則

(名称)~
第1条 本団体は、アンサンブル金沢マンドリーノ(以下「本会」という)と称する。

(目的)~
第2条  本会は、アマチュアのマンドリン合奏団として、音楽に親しみ、技倆の向上に努め、~
会員間の親睦を深めるとともに地域の文化の発展に寄与することを目的とする。

(活動)~
第3条 前条の目的を達成するため、次の活動を行なう。
+++定期演奏会
+++ホームコンサート
+++依頼演奏会、賛助出演その他演奏会
+++その他前条の目的に合致した活動
+定期演奏会
+ホームコンサート
+依頼演奏会、賛助出演その他演奏会
+その他前条の目的に合致した活動



-第1条 (名称)
--本団体は、アンサンブル金沢マンドリーノ(以下「本会」という)と称する。

-第2条 (目的)
--本会は、アマチュアのマンドリン合奏団として、音楽に親しみ、技倆の向上に努め、~
会員間の親睦を深めるとともに地域の文化の発展に寄与することを目的とする。

-第3条 (活動)
--前条の目的を達成するため、次の活動を行なう。
+++定期演奏会
+++ホームコンサート
+++依頼演奏会、賛助出演その他演奏会
+++その他前条の目的に合致した活動


***第2章 会員
-第4条 (会員)
--本会には、正会員および維持会員をおく。

-第5条 (権利と義務)
--正会員は、次の権利を義務を有する。
+++第3条の活動に参加する権利
+++本会の運営に参加する権利
+++本会に積極的に参加する義務
+++会費を納入する義務

--維持会員は、次の権利と義務を有する。
+++正会員となる権利
+++本会に関する情報を得る権利
+++維持費を納入する義務

-第6条 (正会員)
--正会員は、入会を希望する者が会長に入会届を提出し、会長の承認を得た者とする。

-第7条 (維持会員)
--維持会員は、休会者、および会長により認められた者とする。
--維持会員は、会長の承認を得て正会員になることができる。

-第8条 (休会)
--長期間に亘り本会の活動の継続が困難な正会員は、会長に休会願を提出し、
会長の承認を得て休会することができる。~
休会を認められた正会員は休会中、維持会員となる。

-第9条 (退会)
--退会は、会長に退会届を提出し、会長の承認を得なければならない。
--会員が本会のステージ衣装を所有しているときは、退会に際し、本会への寄贈に協力するものとする。

-第10条 (資格喪失)
--次の各号の一に該当するときは、会員の資格を失う。
+++死亡したとき
+++退会したとき
+++理由なく会費を6ヶ月以上滞納したとき
+++総会において除名を決定したとき


***第3章 総会および運営委員会



***第4章 委員

***第5章 財政

***付則
-この規約は、1999年9月11日から実施する。


----
改正 2000年3月25日

  差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS